読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


昨日突然入院することになってしまって、暇なので日記をつけることにします。

昨日、とてもお腹が痛くて病院に行ったら、入院することになってしまいました。家の近くのでかめの病院で、小さい頃はここの小児科にかかっていました。その病院に入院するなんて、不思議な気持ちです。
高校1年生のときからよくこのようにお腹が痛くなることがあったのですが、病院に行ったのは今回が初めてです。いつもは激痛ののち、気絶して目が覚めたら治っていました。今回は、なんとなく原因とか病名が知りたかったので病院に行ってみました。
昨日からずっと点滴をうっています。右腕が使えません。ふくろにはいっている液が全部わたしの体内にはいるのかと思うと、若干きもちわるいです。何も食べたり飲んだりできないそうです。それがとてもきついです。病院のまずそうなご飯でいいので食べたいです。空腹のせいかたまに頭痛がします。そういうときは寝るようにします。高校1年生のときに、断食道場に行きたかったのですが、もうそんなことは微塵も思いません。
ちな診察の結果、これは急性腸炎とかそんなたいしたことはないかんじのやつでした。もうすっかり具合も良いです。
ナースさんは夜中も起きています。大変ですね。夜中には、ナースさんがときどき来るので、目が覚めてしまいます。でもおもったより寝られました。わたしは愛想がないし、金髪の女なので、ナースさんや清掃の人に嫌がられていそうで憂鬱です。早く退院したいです。家がすぐそこにあるのに帰れません。点滴をとって脱走するという想像を何回もしています。バクマン。でサイコーが入院したときの話を思い出します。

今日はとても天気がいいです。外に出て遊びたいです。お母さんがイヤフォンを置いてくれたので音楽を聴いています。相対性理論を聴いています。酸素水素二酸化炭素♪といったかんじです。あと1時間半後にお母さんがお見舞いに来てくれます。